カラコンを使用するにあたって

カラコン情報Q&A

カラコンを使用するにあたって記事一覧

カラコンの重ね付けは絶対にやめましょう

度ありカラコンは度なしに比べて値段が高いため、普通のコンタクトの上に度なしのカラコンを重ね付けする人もいると思います。しかし、瞳にとってよい状態ではないので絶対にやめましょう。カラコンは瞳の部分に色素がのっている分、普通のコンタクトレンズより酸素透過度が低いため眼に負担がかかります。カラコンだけでも...

≫続きを読む

 

カラコンは長時間の使用は控えましょう

カラコンは使った初日から長時間、使えるわけではありません。初日は1日4時間からはじめ、毎日1時間ずつ使用時間をのばし、眼にカラコンを慣らしていってください。眼の健康状態を考えて、カラコンの使用時間は1日最高8時間までにしましょう。ただし、カラーレンズは慣れるのには個人差がありますので、自分自身で眼と...

≫続きを読む

 

カラコンは眠る時には必ずはずしましょう

眼はいつも酸素が必要で、レンズを長時間使用したままだと眼に障害を起こす可能性があります。特に眠っている間は涙がほとんど分泌されないため、角膜は酸素不足の状態になっています。眠る前や仮眠を時には必ずカラコンははずしましょう。万一、カラコンをつけたまま眠ってしまった時は、人口涙液か生理食塩水を点眼し、ま...

≫続きを読む

 

カラコンは体調の悪いときは使用を控えましょう

眼は身体のどの部分よりも、体調の変化に敏感に反応するため、体調の悪い時はレンズの使用感が悪く感じます。少しでも使用感が悪いと感じた場合や、眼の充血や眼ヤニといった症状がでた時はカラコンの使用を控えましょう。もし、症状がひどい場合は、眼科で診察してもらいましょう。

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ